トップ / インプラント後の検診

インプラント治療後のケア

インプラント治療とは、虫歯や歯周病などで失った歯の代わりに、人工の歯を埋め込むことです。骨格や歯の固さなどをレントゲンなどで調べて、インプラントがちゃんと骨に定着しているか経過観察などを行い、大体半年以上の時間をかけて治療します。手術が無事に終わったとしても注意しなければいけないのが、虫歯や歯周病などのケアです。虫歯を予防できる正しいブラッシングの方法を教えてくれる歯科もあります。器具と骨が合っていないまま装着され、噛み合わせが悪くなる場合もあるので、手術後も歯科への通院と医師との相談が必要になってきます。

インプラント治療の注意

インプラント治療での注意点をご紹介します。まずは実績のある信頼できる歯科医による施術を受けることが大切です。一見コストが安くても、本来はすべきでないのに治療をする、というケースもあるからです。それだけでなく実は、施術が終わったあとにも注意点があるのです。それは定期的なメインテナンスを受けることです。例えば歯垢や歯石が歯ぐきで歯周病菌を増やし、土台となっている骨を溶かしてしまうことがあるのです。また、義歯がしっかりついているかなどのチェックも行ってもらえますので、インプラント後にはメインテナンスと経過観察を受けましょう。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのメリット. All rights reserved.