トップ / インプラントの治療期間

インプラント治療にかかる期間

インプラント治療には実は期間がかかります。その理由は人工歯根とあごの骨とが結合するまでに時間が必要になるからです。約3ヶ月から1年というのが標準的な治療期間になります。上のあごと下のあごとでは結合までの時間に違いがあります。上のあごの場合には骨が柔らかいため、下の歯よりも長い結合時間が必要になります。さらに骨の量が不十分で骨を増やす必要がある場合や、歯周病がありその改善が最初に必要な場合にはさらに時間が必要になります。しかし、インプラントの手術時間自体は短い場合が多いため患者に大きな負担がかかることはありません。

インプラントの治療期間

虫歯や歯周病で失った歯の代わりに、人口の歯を埋め込む治療をインプラント治療といいます。まずは今の骨の状態や噛み合わせなどを、CTスキャンやレントゲンなどで撮影します。手術は二回に分けられ、まずはインプラントを埋め込みます。そして骨に定着するまで3~6週間あけます。定着したらアバットメントという連結部分の装着手術をします。1~6週間後に歯の形や歯並びを確認して、人口の歯を上からかぶせて終了です。トータルで3~10週間ほどの期間を要することになります。手術後は歯周病などのケアや、噛み合わせの確認をするために通院する必要があります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのメリット. All rights reserved.