トップ / インプラントできない場合

インプラント後のメンテナンス

インプラント治療をした後には、必ず、しっかりとしたメンテナンスをしなければいけません。メンテナンスをしないと虫歯になるということはありませんが、歯周炎などになる恐れがあります。普段のメンテナンスでは、しっかりとブラッシングをすることが大切です。ブラッシングでは、鉛筆を持つように握ると余計な力を入れすぎないで磨くことができます。また、インプラントは定期的な診断をしてもらう必要があります。処置をしてもらったところで、定期的に診断をしてもらい、かみ合わせの状態などを診てもらうことで長持ちさせることができます。

健康保険適応となるインプラント

インプラントの手術にかかる費用は、単なる虫歯などの一般的な歯科治療よりも、かなり高額になってしまうことがあります。それというのも、患者の窓口負担が一定の割合に抑えられる保険適用の診療とは異なり、保険の対象外となっている自由診療にあたるためです。しかし、最近では患者や歯科医師界からの要望を受けて、インプラントの手術でも保険の適用が認められるケースが出てきました。ただし、長い経歴のある歯科医師が一定の人数配置されている病院に限るなどの条件が設けられているため、実際には大学病院などの歯科だけとなります。

↑PAGE TOP

© Copyright インプラントのメリット. All rights reserved.